Subversionでキーワードの展開をする

svnの設定を社内で標準化したいということでまとめます。
複数人でひとつの案件にかかわる時には便利な機能だと思います。

keywordとは

EC-CUBEでいうところの

この部分

これは実はsvnの機能で自動的に展開されているのです。
詳しくはマニュアルを見てください。プロジェクト設定

設定ファイル

http://code.google.com/p/symfony-doc-ja/wiki/SymfonyRepositoryTips
が一番わかりやすくて間違いが起きない設定だと思います。
なくなっちゃうと困るので転載しておきます

各種クライアントの設定方法

TortoiseSVN

[デスクトップを右クリック] → [TortoiseSVN] → [設定(S)] → [編集]
configファイルが開くので一番下に上に書いた設定をまるっと貼り付ける

SVN

一番下に貼り付ける

Eclipse(Subversive)

[Window] → [preferences] → [Team]→[SVN]→[Properties Configuration]

注意事項

既存のプロジェクトには反映されません。
設定をして新しくチェックアウトしたものから有効になります。

もし既存のプロジェクトにも適用したいのであれば

下記コマンドで適用をしてください

Subversion設定の標準化 — ディノオープンラボラトリ

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントを残す

トップへ戻る