シパダン旅行記 vol.4 ギンガメアジに巻かれたタートルケーブ

ギンガメアジ

サウスポイントに続いての3本目になります
本来は午前中2本、午後2本なのですが海峡が悪く午後になると波も高くなるということで
午前中に3本目も行きました

4本目 Turtle Cave

名前にあるように潜ったらすぐに洞窟があります
そこはギンガメアジの寝床らしく

ギンガメアジ

ギンガメアジ

潜ってすぐのギンガメアジ再び(*´Д`*)
今度は流れもないのでゆっくり鑑賞できました、ただし数はそれほど多くなかったけど

ウミウシ

ウミウシもいました
名前はわかりません!

洞窟もくぐれたみたいですが、あまり興味がなかったのでくぐらず上を泳いでました

ハタタテハゼ

リーフ側にはハタタテハゼもいっぱいいました
だいたい、ペアでいましたがすぐに逃げられちゃいますねぇ

クダゴンベ

クダゴンベ
ワイドレンズなわりには寄れているんじゃないかと

自分はあまり気づかなかったのですが、奥様いわくこの赤いコーラルにはかなりの確立でいたそうです

カンムリブダイ

カンムリブダイ

そんな感じでマクロ気味に楽しんでいると頭上にカンムリブダイ!
いきなり浅いところに現れたので寄れなかったのが残念・・・

でもこれでシパダン3名物(バラクーダ、ギンガメアジ、カンムリブダイ)を見れたのでよかった、、とかこのときは思っていました

ハタタテハゼ

なので再びマクロ気味にハタタテハゼw

イエローフィンバラクーダ

イエローフィンバラクーダ

やっぱりなぜか単独行動のイエローフィンバラクーダ
流れがきつくないところにいることが多いし逃げないのでかなり寄れちゃいます

ウミガメ

ウミガメ
もうどこで潜ってもしょっちゅう出てくるのでほとんど写真撮ってません

そしてそろそろ時間なので浅めに移動していると来ました!

カンムリブダイ

カンムリブダイ

カンムリブダイ

カンムリブダイ

カンムリブダイの群れ!
正面バージョン

見てのとおり異様な顔をしてますがこれは珊瑚を食べるという食性の為に歯が命だからです
群れでサンゴ食いながら、フンをして泳ぐ、というのが名物なそうな・・・

アカヒメジ?

浅いところは群れがいっぱい
ヨスジフエダイにそっくりだけどたぶんアカヒメジ??

よくみると群れをつくってる魚って一種類じゃないのが面白いですね

ナンヨウハギ

ドリーって言った方がメジャーなナンヨウハギ
浅いのでちょっと飛んでますが、まぁそれもよし

ちょっと遠かったけど、ドリー!って思ってとりましたw

ミカヅキツバメウオ

ミカヅキツバメウオ
相変わらず顔がキモイ

ツマリテングハギ

顔がキモイシリーズ
ツマリテングハギ

英語でSpotted unicornfishというのが納得の顔です

で!
上がる前に来ました!!!

ギンガメアジ

ギンガメアジ

ギンガメアジ

ギンガメアジ

ギンガメアジ

ギンガメアジ

ギンガメアジ

写真じゃ伝わらないかもしれないけど、360度ギンガメアジ!!
念願の群れに巻かれる体験でした

ひたっすら、写真撮ってましたよ~
そんななか奥様は動画を撮ってくれていたのでそちらもはっておきます

●dive log
Dive No.50
in 12:30
out 13:24
time 54min
Ave 13.9m
Max 25.2m
Water Temp 29.7℃

すごい記念になった50ダイブ目だったのでした
上がったらそのままボートでマブール島へ帰島します

行きと違って海は落ち着いていて20分ほどで帰りました
ただし風がめちゃめちゃ寒かった・・・
常夏の国ですが、意外とボートコートとかあった方がいいんじゃないかと思います

目次

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントを残す

トップへ戻る