シパダン旅行記 vol.2 嵐のシパダン

ギンガメアジ

もうあえてのこんな写真です。。
マブール当滞在2日目はシパダンへのダイビング予定

なのに夜中から朝までずっと雷とすごい雨・・・


ちなみに
シパダンはマブールから船で20分ほどの距離にあるので
午前中2本(7:15出発、10:00)
いったんマブールへ戻って昼食
午後1本(14:15出発)潜ります

この、どこへ行くのかという予定は前日の18:00頃に決められダイバーは選択できません
なぜかというとシパダンへ行けるのはリゾート内で10~20人ぐらいと決まっていて
センターのほうで平等になるように管理をしているからです
当然だけどシパダンでの4ダイブ目とかもリクエストは出来ないです

さて朝食は6:00からなので6:00に朝食へいったのですが大雨、徒歩5分もない食事の場所へ行くのもひと苦労な感じ
ダイビング中止なのかなーと思いつつダイビングセンターへ行ったら普通にシパダンへ行きました

道中地獄のような雨と雷と波だったけどね!
20分で行けるって書いてあったけど40分以上かかったんじゃないかな・・・

さて、シパダンにつけば意外といいお天気
シパダンで潜るにはサインが必要なので、詰め所?見たいなところでサインをしていざダイビングです

2本目 Barracuda Point

多分シパダンで一番有名なポイント、バラクーダポイントです
ギンガメアジ

エントリーしたらそこはいきなりのギンガメアジの群れ!!
超興奮、だけど流れがすごくて近寄れない・・・
しかもすげー濁ってる

という感じで2枚しか撮れずに群れは行ってしまいました
というか自分が流されていってしまいました。。

しかもワイドレンズに空気が入ってるし、、まだまだ使いこなせておりません

ユカタハタ

濁ってるし、中層よりリーフ側を見てる感じで泳いでました
ユカタハタ
顔だけ出してるのが面白くてなんとなく

なんかこの魚気に入ったらしくていたるところで撮ってました

ムレハタタテダイ

ツノダシによく似てるけどたぶんムレハタタテダイ
常に小魚としてそこらじゅうにいました

アデヤッコ

南国らしい派手なお魚アデヤッコ
ブルーフェイス・エンゼルっていうほうが一般的らしい

モンガラカワハギ

奥様大好きなモンガラカワハギ
このときものすごい流されてたんですが、見つけた瞬間ダッシュで近寄って撮りましたw

他のダイバーと比べて変なのに興味を持つ人と思われたかもしれない

ブラクフィンバラクーダ

そして、ポイントの名前どおりにバラクーダ出ました!
しかし遠い!

ブラクフィンバラクーダ

できるだけ寄っていきます
下を見ると真っ黒な空間でちょっと怖かった

ブラクフィンバラクーダ

できるだけ寄ってとったけど、太陽の光がないのでいまいちな感じに
バラクーダさんは流れに逆らって泳いでいるようで、人が逆らえるような流れでもないのであっという間に行ってしまったのでした

ネムリブカ?

あとはサメがいっぱいいました
たぶんネムリブカなのかな?
寝てないで中層にいっぱいいましたけど

タテジマキンチャクダイ

こちらも南国っぽいお魚タテジマキンチャクダイ

キンギョハナダイ

キンギョハナダイやなんとかハナダイもいっぱいいました

バブルリング

流れが止まったところでドリフトダイビング終了
シパダンではすべてドリフトダイビングでしたが特にバラクーダポイントの流れはすごかったです

岩につかまっててもそこにとどまるのがやっとなぐらいの流れでした

長くなりそうなので小分けに進みます

●dive log
Dive No.48
in 08:17
out 09:06
time 49min
Ave 12.4m
Max 26.6m
Water Temp 29.1℃

目次

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントを残す

トップへ戻る