EC-CUBE2.12.0がリリースされたので早速レビューします

EC-CUBE2.12.0がリリースされました
日本発!ECオープンプラットフォーム EC-CUBE / ニュース
さらっとしか触ってはいませんが気づいたことを書いてみたいと思います

プラグイン機能が正式にリリースされた

プラグイン機能

2.11系から微妙にソースに含まれていたプラグイン機能がリリース
日本発!ECオープンプラットフォーム EC-CUBE / オーナーズストアからダウンロードして、管理画面からアップロードすることでインストールが可能

・まだまだプラグインの精度は荒い(インストールすると管理画面に入れなくなるやつとかある)
・動いても内容がおかしいものがある
・本体のバージョンアップ時に、プラグインの誤完成が担保されるのか
・野良で配布されてもインストールはたぶん可能だけどそこら辺のコードのセキュリティについてなどどうするのか

などなど、前途多難な気もしますが今回のメインの機能なので今後改善されていくといいですね

個人的に一番気になるのは日本発!ECオープンプラットフォーム EC-CUBE / CIサーバー
本体がCIという概念を導入して、テストコード書くようになってくれるととてもいいんですけどね…
せめてプラグインはwordpressのようにリビジョン管理とテストコードが必要なのでは?と思います

開発したプラグインは、誰でも無料でEC-CUBEオーナーズストアに投稿することができます。
また投稿に際しての審査も必要なく、すぐに公開することができます。

PHP5.1.6系以上が対象になった

今まではPHP4に対応していたため無駄なコードが多かったですが、5.1.6系以上に

・spl_autoload_registerが使われるようになり、今まで山ほど書いてあったrequre_onceが多少減った

今のところの恩恵はこれくらいかな??
abstractを使いたいところ、デストラクタが__destractになってないなどまだまだ4系の書き方になっています
この辺はコミッターさん次第なので使う人には関係のない話ですね〜

もう5.1.6も正直時代遅れというか、使ってはいけないPHPのバージョンに入っているので5.2系にして欲しいところではあります

多数のバグの修正

2.11系の大量の不具合が修正されています
http://svn.ec-cube.net/open_trac/query?status=closed&group=resolution&order=type&col=id&col=summary&col=owner&col=type&col=priority&col=component&col=version&milestone=EC-CUBE2.12.0&type=%E3%83%90%E3%82%B0%E6%8C%87%E6%91%98
今後2.11系はメンテされないであろうバージョンになると思うので、2.12系に移行するべき…なのでしょうか

新しい機能、新しい機構をやりたいのはわかりますが、安定バージョンを出すことも目指して欲しいです

スキーマが変更に

2.11系で評判の悪かった、規格のテーブルが2.12系で変更に
そのため、単純なソースの置き換えだけでは移行が出来ない、互換性のないバージョンとなっています

公式に特に書いていないですが要注意な内容かと思います
実際に2.11系をカスタマイズして困った部分でもあるので、これによって改善しているといいですね

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. RHEL5 の PHP が 5.1.6 でして, 2017年3月31日までサポートされるので, EC-CUBE もそれに倣ってます.
    個人的には, 5.2 も公式にサポートされてないですし 5.3 以降にしてくれたら, いろいろ楽になるのになぁと思うんですけどね〜

    • のぶ より:

      wordpressが5.1系を排除したおかげでレンタルサーバーも5.3系を入れているとこが増えている気がします

      一気にそこまで上げちゃってもよかったのにな〜と思いますが、なかなかそうもいかないですよね。。

コメントを残す

トップへ戻る