100%ジンベエザメと会えるポイントオスロブ

IMG_9034

ダイビング2日目はオスロブへ遠征しジンベエザメとダイビングです

ここは元々漁師さんの町
→魚をとるために撒き餌
→ジンベエザメさんが沢山集まってきちゃった
→漁師的にはジンベエザメ邪魔だから蹴っ飛ばしてたりした
→ダイバーがこりゃすげえと写真をあげたら世界中で話題に
→町ぐるみでダイバー管理、餌を使ってジンベエザメをコントロール
→現在14匹のジンベエザメがいる

こんな感じらしい、元々ダイバーは餌付けって行為を嫌がるのもあって非難の声が大きくなってます
あと町がダイビングフィーを値上げしまくっているらしく、人気も一巡したようで思ったよりお客さんはいませんでした

4本目 オスロブ ビーチ

朝4時出発でほとんど車の走っていない道を爆走します
google道案内だと1時間48分てでたケド・・・


大きな地図で見る

大きめのワゴン車で1列1人、横になれるようにしてくれるのでどこでも寝れる人なら2時間ほど寝てれば到着します

エントリー前の風景

オスロブ

遠くにボートが見えるポイントがジンベエザメがいる場所
ボートから撒き餌をしまくってます

また監視員でもあって、ジンベエザメに触ったり、ストロボを発光したりすると警察を呼ばれるそうなので要注意です

エントリー

腰まで水が浸かるところまで機材をすべて持ってくれ、着るのも手伝ってくれます
機材のセッティングも全部やってくれますが当然ダイバーでない人がするセッティングなので一回自分で確認したほうがいいでしょう

また水深は深くても8m、ジンベイがいるのは1~5mぐらいの浅いところなので浮いちゃう人は少しウェイトを重めにしておいたほうが楽じゃないかと思います

IMG_9020

エントリーして、少し進むと左手にいきなりジンベエザメ!!
興奮して他の人に教えようにもカンカン棒がないので手振りで頑張ってみるw

聞いていた通り、餌を食べるために縦になっちゃってるジンベエですがやっぱ久々に見て感動です
ただし、感動は最初の数匹までですね(^_^;)

IMG_9036

更に進むと次から次へとジンベエザメが・・・
そしてちょっとだけど流れていて浮力取りつつ良いポジションを抑えつつ他の人の写らない場所へってやってるとひたすら泳ぐことになるので疲れます\(^o^)/

IMG_9037

朝一のおかげで他には外人さんチームが一組(10人ぐらいいたけど)
おかげで透明度はまだいいし、写真が撮りやすい

一眼はマクロ装備しか持ってないのでコンデジにワイドレンズを付けて撮ってます

IMG_9039

IMG_9040

IMG_9041

ご飯に夢中で動かないでいてくれるのでどこまででも寄れます
何匹かあんたデブりすぎだろうって体型の子がいてちょっと心配に、、この子も頭でかくなりすぎじゃない??


動画も貼っておきます

体長はみんな5m以下だったので子供しかいないと思います

IMG_9090

IMG_9091

同時に5匹までは見ることが出来ました
これだけ広い海で、餌のボートもたくさんいるのにたまにボートの取り合いになってジンベエザメ同士ぶつかったりしてましたよ。。

このあたりで縦になってるジンベエザメを撮るのはだんだん飽きて、、ので写真の方針を変更

アンナウミウシ

その前にウミウシも見つけたので撮っちゃうヽ(´ー`)ノ
ストロボ禁止なのが悔やまれますが、アンナウミウシですね

IMG_9059

餌を食べ続けていると飽きるのかそこから離れる瞬間があります
すごいスピードで遠ざかっていくか、一周してボートにまた向かうので常にぐるぐる周りを見てぶつからないように進路に入っていきます

IMG_9065

早すぎて追いつけないので大体はこういう横からの絵に

IMG_9099

たまに運がいいと真正面にヽ(´ー`)ノ
口を開けてくれれば更に最高ですがそこまでサービスはしてくれませんでした

とにかく、60分間泳ぎっぱなしで疲れた\(^o^)/
浅いところで移動を繰り返したせいで耳も軽くやっちゃった\(^o^)/
自然な状態じゃこんなことありえないから楽しいけどね、美ら海水族館で泳いでる感覚\(^o^)/

イグジットも機材を全部持っていってくれるのでその点はだいぶ楽でした

ダイブログ

No.155
日付:2012/10/18
ポイント:セブ オスロブ ビーチ
潜水時間:64min
平均水深:3.9m
最大水深:7.1m
水底水温:29.5℃

下が砂地とサンゴ、かつジンベエザメは常に浅めにいるのでBCを使わずに呼吸だけで中性浮力をコントロールできると楽しいと思います

目次

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントを残す

トップへ戻る