Mavericksでbrew upgradeしたらハマった話

最初に結論を書くと正しいトラブルシューティングが公式にあります
この通りにやればハマることはないと思います
そうでもなかったです、部分的に激ハマリです\(^o^)/

brew update — then try again.
brew doctor — the doctor diagnoses common issues.
Try using the old environment, e.g. brew install –env=std graphviz.
If you’re installing something Java-related, maybe you need the Java Developer Update?
Check that Xcode and/or the “Command Line Tools for Xcode” (CLT) are up to date*
If things fail with permissions errors you should check the permissions in /usr/local. If you’re unsure what to do, you can:

Troubleshooting · mxcl/homebrew Wiki · GitHub

Command Line Tools for Xcodeはここからダウンロード->インストールします
Sign in with your Apple ID – Apple Developer

さてハマった話です

brew updateでハマる

最初sudoでやんなきゃいけないのかな?って思いましたが違うみたいです

XcodeをAppstoreからアップデートしても、インストールはされていないので
一度起動->インストールします

Welcome to Xcodeが表示されたら再びbrew updateします

これでupgradeする準備が出来ました

brew upgrade

超長いですが、svn・postgressql・serfがこけたようです
他にもエラーは出ているような出ていないような・・・?
よくわからないのでbrew doctorします

brew doctor

関係ありそうなのがserfが書いてあるところぐらいなのかな?って感じですがとりあえず1個ずつ解決していきましょう

brew prune

これは無効なリンクを消すってだけみたいです

config

brewと関係ないとこのconfigが参照されてますよーって感じなのかな?
postgresqlはPostgres.app | the easiest way to run PostgreSQL on the Macを使っているのでこの際brewからは消しちゃいます
phpはとりあえずMAMPを使っているのでそのまま

brew link

パッケージを有効化しなさいってことなのかな?

複数入っているって怒られました
確認します

よくわからんので1回全部消します

再度doctorするとinstallしろって言われます

インストールしますが失敗\(^o^)/

ここでREAD THISをちゃんと読んでまたコマンドラインツールが必要なのかーってなりインストールしました

再びbrew upgrade

serfは入ったけどsubversionのmakeが終わらないですよ・・・
subversion使ってないのですけど、git svn用に必要なんだろうか・・・まぁ放置ですね(´Д`)

追記

git svnがこけました・・・解決方法を探し中(´Д`)

追記2

imagickも動かなくなってるようです

→ sudo pecl upgrade imagick で解決!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントを残す

トップへ戻る