マンボウ狙いで大瀬崎へ行ったけど結局ウミウシを見てきた 3本目

ミジンベニハゼ

長めに休憩してから3本目
マンボウは完全に諦めて湾内へ

実はそのあと夕方最後の時間にマンボウ出たそうな。。。
そして翌日も翌々日も出てました\(^o^)/

3本目 湾内 真ん中

さて湾内の沖に浮いているブイからエントリー
透明度が悪いのでロープを掴んでエントリーしましょうというブリーフィング

水面でブリーフィングをしたので聞いていなかった奥さんはそのまま下に潜行・・・
すぐに追っかけるか、ガイドに伝えればよかったのにどちらも出来ず。。

ロープ下で伝えて見つけてきてもらえたのでよかったですが、
水深15mぐらいのとこで10分ぐらい待機してしまったので窒素がだいぶ溜まってしまいました

ミジンベニハゼ

ミジンベニハゼ

そこから急いでミジンベニハゼへ移動
前はもっと浅いところにいたんですが住処の瓶を弄る人が多いのもあって深場に誘致したのかな?
流れがほぼ無い、細かい砂の場所なのでフィンキックを慎重にしないと大変なことになります(^_^;)

エビ

エビ

4人に対してミジンは3箇所だったので周りをふらふらしたりエビを撮ってました

ミジンベニハゼ

ミジンベニハゼ

缶の中にいたミジン
たまにチラチラとペアでいるのは見えましたが時間がなくて撮れず。。
DECOが出そうなのであとは一気に浅場へ、と言っても遠浅な場所なので超移動します(^_^;)

ウミウシ不明種

ウミウシ不明種

移動中に見つけた卵の中にいるウミウシ
卵を食べる軽ならチゴミノウミウシとかですがツノが違うような・・・
観察する暇はなかったのでわかりません!

エビ?

エビ

これも移動中に奥さんが拾ってきたエビ
水中を泳いでいたそうです

写真を撮ろうとしてもすぐに砂に潜ろうとしてしまうので手に載せたまま
これもなんでしょうね?テッポウエビの仲間なのかな??

カエルアンコウ

カエルアンコウ

まっしろけなカエルアンコウ
浅場で濁りも強いところでしっかり撮ったつもりでもなんかぼやけました

ハンミョウカスミミノウミウシ

ハンミョウカスミミノウミウシ

あとは安全停止で終わりかなーと思ってたら出ましたハンミョウカスミミノウミウシ!
最初のトラブルもあったので今日はもう見れないのかなーと思ったら見つけてくれました

ハンミョウカスミミノウミウシ

ハンミョウカスミミノウミウシ

砂に潜っているのになんで見つけられるんでしょう・・・?
写真撮っててもすぐに頭から砂に潜って逃げようとしてその姿が面白かったです

あとはもう透明度も悪すぎてなにも見えないのでそのまま真っすぐエキジット
マンボウをはずし、トラブルもありうーん・・・って感じの3本でした

ダイビングログ

Date 2014/06/02
Time 47min
Avg 12.4m
Max 23.5m
水温 17.5℃

目次

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントを残す

トップへ戻る