コモド クルーズ #25 コモドナショナルパーク

ダイビングが終わったあとは器材を洗って干してまったり
重器材はクルーがちゃんときれいな水で洗ってくれるので安心

ラパスの時はこの水で洗うんすか・・・って感じだったので
オーナーが日本人かどうかってのはこういうところに差が出る気がします

最初のスケジュールでは16:00頃リンチャ島に着いてコモドドラゴン見学の予定でしたが
潮の流れが早すぎて進むのに時間がかかり着いたらすでに17:00

本来は島を1時間ぐらいトレッキングするんですが暗くなっちゃうので、センターまで行ってちょこっとだけ散策することに

P1080271

マングローブ
サバンナ気候で木はあまり生えないですが、マングローブはあるようです

ラジャアンパットならマングローブでダイビングも出来るんですがここコモドはドラゴンがいるので・・・

P1080273

ワニ注意
と言ってもワニはいないそうで、昔はドラゴンがワニと間違えられていたんだそうです

P1080279

コモドナショナルパーク
コモドドラゴンを保護しています

P1080280

インドネシア語の看板
文字がもともと無かったそうで、ローマ字あてになってます

P1080281

保護はしているけど飼っているわけではないのでドラゴンはみな野生
この時もレンジャーさんが3人ぐらいで周囲を警戒しながら案内してくれます

P1080282

よくわからん門
メスを取り合って喧嘩する姿って言ってたかな?

P1080285

コモドドラゴンに食べられた生き物の頭の骨

コモドドラゴンは、生き物を丸呑みします
でも顎が弱くて噛み砕けず、頭は残すので頭の骨だけ残るんだそうです

P1080287

トレッキングコース
本来は1時間ぐらい歩くそうなので靴があるといいですね

コモドドラゴン

家の軒下から普通に出てくるドラゴン
本気で走ると時速30キロなので結構怖いです

今でも噛まれて人が死ぬケースは多々あるそうです

いろんな人に聞いていた話ではここのドラゴンはなんだかんだ人の出したゴミとか食べちゃって満足してるので全然動かないと聞いていたんですが、3匹が妙に元気で歩きまわってました

鹿と豚と猿がいました
この鹿を狙う感じでじーっと見てたけど追いつけるんでしょうか

そして急に喧嘩しだすコモドドラゴン
こんな姿もなかなか見れないらしく、レンジャーさんがちょっとびっくりしてました

帰りはすっかり日が暮れてます

帰り道はレンジャーさんなしで帰りました
暗くなるとドラゴンは家に帰っちゃうからいないって言ってましたけどそれでいいのか?

桟橋には猿がいました
これでコモドでの日程は全部おしまい

船に帰って夜ご飯を食べたらお金の精算、器材も乾いていたのでパッキングしてあとは宴会\(^o^)/
翌日は帰国するだけ、と思いきやもうちょっとあるのです

目次

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントを残す

トップへ戻る