大瀬崎 #4 LUMIX GX1が水中で重いので軽くしてみた

プロモファクトリー GX-1

今回の大瀬崎のメインの目的は、奥さん用カメラのテストのためでした

以前、LUMIX GX1を水中に持って行っての感想 を書いた時と比べて

ストロボを一灯増やし

それに伴いアームが増え

元々片手で扱うにはちょっと重かったので、メガフロートアームを2個追加…
1個あたり浮力が390gもあるというお値段以外はすぐれものです

一眼並みに横にでかくなってしまいましたが、これでほぼ中性浮力に(゚Д゚)
水中で女性が片手で扱うには重さ重要ですからね、マクロの時の手ブレもたぶん減るでしょう

困っているのは、陸で持ち歩くときの持ち手(ラニヤード?ランヤード?)
この日は家にある紐とかを工作して適当に作りましたが、切れた時の被害がとんでもない事になるので頑丈なものがほしいのです

INON グリップベースD4を使っている人はその辺りどうしてるんでしょうか?
誰かいいアイデアあったら教えて下さいませ〜m(__)m

目次

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. Tetsuji より:

    グリップベースをそのまま持ってしまっておりますが、ハウジングにカラビナ付きストラップをつけてBCDに固定しております。

    • のぶ より:

      ありがとうございます!
      ボートダイビングだとそれで十分かな―と思ってるんですが、ビーチの時に持ちにくくないですか?

  2. Tetsuji より:

    秋の浜のはしごを登る時は扱いに困りますが、それ以外では特に問題ないですね。

コメントを残す

トップへ戻る