世界遺産・コモドの海 #23 Komodo National Park

IMG_0370

マンタで大興奮のラストダイブも終え、器材を洗って干したらKomodo National Parkへ上陸です
結構歩くのでスニーカーなどあると便利ですが、クロックスでもぜんぜん大丈夫です

IMG_0375

去年も夕方に来ましたが、今年は更に遅い時間
変な門に夕日が当たってます

IMG_0376

カニクイザル
たくさんいます

IMG_0377

このナショナルパークを作るにあたり、マングローブ林が大きく伐採されました
そこへ植林を試みたけどほぼ全滅・・・数本だけが生き残った状況

なので現在ダイブドリームインドネシアはここへの植樹は行ってないそうです

IMG_0378

管理棟的な建物
1週間交代の勤務でここに仕事に来ているそうですよ、すごい暇らしい

IMG_0379

コモドドラゴンは水牛などを丸呑みしますが、頭の骨は食べづらいので丸っと残します
ここにあるのは、それを拾ってきたものだそうです

IMG_0385

コドモドラゴンが1匹いました

IMG_0386

子供は臆病なのでさっさと逃げていっちゃいました
まだ愛らしい顔をしてます

IMG_0391

木にツノを擦りつけていた鹿
痒いんでしょうか?

IMG_0393

お腹の大きなメス
食後なのかこの体勢からから一切動きませんでした

昔はコモドドラゴンへの餌付けショーなんてのもやってたそうですが事故が起こって亡くなったそうです・・・・

IMG_0402

裏にある丘を登ってコモドドラゴンの巣を見学
普段は自分で掘った穴の中で暮らしてます

IMG_0405

獣道を拡張した道を歩いて丘の頂上へ

石がゴロゴロしてますがこれをよく見ると貝の化石が見つかります
ここは元々は海だったんですね

IMG_0406

丘の頂上からパームツリー
石鹸とかの材料になります

この木変な木で高く高くどんどん伸びて下の葉はどんどん枯れていきます
そして最終的にはてっぺんまで葉がなくなってタダの一本の棒になります

IMG_0407

船着場方面
写ってませんが右奥の方にチェンホー号は泊まってます

IMG_0417

サバンナ気候って感じの風景
でも左の方には山があるのもあって気が結構生えてますね

IMG_0424

丘から降りて行ってコモドドラゴンの産卵地
9,10月ぐらいが産卵期っていってたかな?

産んで最初の数ヶ月は卵を守るのでその光景が見れるそう
孵化するまでは守らないので、他のドラゴンや自分が間違って食べないように卵を生む穴を沢山掘るという賢いんだか馬鹿なんだかわからないエピソードも聞きました

ちなみに7月は婚活の時期だそうで、オスは山の中にいるので見かけませんでした

IMG_0428

飛ばない鳥
名前は忘れたー

もう暗くて寄れなくて感度目一杯上げてます

IMG_0432

船着場に着いた時には綺麗な夕焼け

IMG_0438.CR2

チェンホーに戻った時には日が沈んで一番星が見えました
翌日は飛行機の時間が遅くそれまで暇なのでラブハンバジョ見学ツアーへ行きました

目次

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントを残す

トップへ戻る