世界遺産・コモドの海 #25 Batu Cermin

IMG_0484

さて、クルーズのスペシャルツアー
ラブハンバジョ見学です

まずは、Batu Cermin
Batu は岩
Cermin は鏡という意味になります

IMG_0480

港から車で15分ぐらいかな、病院とかを建築中の町中を抜け(なんと信号もあります)
到着したのがここ、ひよこが可愛いですね

IMG_0483

なんだか八重桜みたいな花が咲いてました
入り口でガイドさんから英語で説明を受けて、いざ中へ進んでいきます

IMG_0486

インドネシアの竹だそうです
こうやってまとまって生えるそうな、トゲもすごくてとても竹には見えません

IMG_0491

奥に見えるのがBatu Cermin
手前に写っている見晴らし台みたいなのに登りましたが、階段が腐ってて今にも倒れそうです

順路にはパームツリーが倒れていて、土のうを階段に乗り越えて進みます(^_^;)

IMG_0492

Batu Cerminを近くから
写っているのは順路の出口側、左から大きく回りこんでこの岩の中を探検します

Beehive

上を見上げると蜂の巣がいっぱい

IMG_0500

段差のまばらな階段を登って行くと・・・石英なのかな、すでに立派な鍾乳洞の壁という感じになっています
実はこんなところへ来ると思ってなかったのでビックリ(゚д゚)!w

IMG_0503

ここからヘルメットを被って鍾乳洞の中へ
日本と違って照明もないのでそれぞれ懐中電灯を渡されて真っ暗な中を進んでいきます

・・・

懐中電灯、1個足りなかったので携帯で照らして進みました(^_^;)

IMG_0506

中を進んでいくとひろーい空間
電気を消すと本当に真っ暗

そして壁をよく見ると落書きだらけ・・・

IMG_0508

魚の化石だっけかな?
サンゴの化石はそこら中にありました

ここも元々海だったんですね

IMG_0511

コウモリ
ちーっちゃいです、ライト当ててるのでめちゃめちゃ眩しそうにしてました

IMG_0512

これはカメの化石だったかな?

IMG_0515

奥の方に見える岩が、マリア像のように見える
って話だったと思います

ここからさらに先に行くと、鏡と言う名の由来の壁があるんですが、
そこが鏡のように光るのはある特定の季節にそこに日が当たる時だけらしいです

めちゃめちゃ暗いので、感度最大で撮ったもののザラザラの壁が写っておりました

IMG_0524

鍾乳洞を戻って出口の方へ
ラピュタのように木の根が岩にびっしりと張り巡らされています

IMG_0526

ものすごいダイナミックなので、地震が起きたら確実に死ぬんだろうなーという感じ
気温もさすがに高くて汗だくになりました

IMG_0528

これも魚の化石

IMG_0530

顔のように見える岩

IMG_0531

アンモナイトの化石

IMG_0534

岩から出て戻ってきました
いい天気です

IMG_0535

学校の通学路にもなっているようなのですが、新入生が入る時期って言ってたかな?
たくさん人がいました

IMG_0536

入り口には廃屋みたいなのがたくさん、、
これはレストランを作る予定だったけど途中でお金が足りなくなってそのままになっている建物、だそうです(^_^;)

一時間ぐらい歩いたのでここは靴のほうが楽だし、日差しも強いし暑いので対策が色々必要です
次はここから直ぐのとこにある市場へ行きました

目次

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントを残す

トップへ戻る