CPIサーバーでEC-CUBEを運用する場合に気をつけること

CPIサーバーでEC-CUBEの運用をしようと思ったところ、問題が出たので備忘録です



EC-CUBE2.13系の場合

デザイン管理から新規作成したページが500エラーになる

◆注意◆
■パーミッションは、PHPファイルの場合【604】もしくは【644】、PHPファイルが含まれるディレクトリの場合は、【705】もしくは【755】に設定してください。
上記以外の場合は、500エラー(Internal Server Error)となってしまいますのでご注意ください。

Online Help for ControlPanel

この制限に引っかかる模様
対処としてはdata/class/pages/admin/design/LC_Page_Admin_Design_MainEdit.phpの358行目あたりに1行追加する

他にも新規PHPを作る処理(プラグインなど)でも引っかかる可能性が高い

Formを送信した時に503エラーが出る

WAFが原因、Formの中にHTMLタグが含まれていると発生することがあるようです
WAF(Webアプリケーションファイアウォール)|専用サーバー|レンタルサーバーなら【CPI】

対処法としては原因を除去する、もしくはWAFを止めるしかありません

gitを使う場合

このスライドがとても参考になりました
Git とスマートリリースで始めるチームコラボレーション | CPI MEGA MIX

checkout -f してるのがCMSとは相性最悪なので、事前に差分をcommitするのだけ注意する必要があります

他にも出てきた時に追記していきます

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントを残す

トップへ戻る