第1回 世界のウミウシ合宿 in アニラオ #6 ボーランドウミウシ

ボーランドウミウシ

フィリピン滞在3日目
この日からツアー参加の人が1名増えて全員集合( ̄ー ̄)b

リゾートに着いたのがAM2:00だったそうで、朝ごはんをちょっと遅くしてからの出発になりました

6本目 ダリラウト

元々水上カジノがあったんだけど、流行らなかったので沈めて漁礁にしたという豪快なんだかよくわからないポイント
水深30mぐらいから10mぐらいのところに巨大な鉄骨が沈んでいます

ちょい深いのでナイトロックスを使いたかったですが、リゾートで作ってないそうで残念ながら使えませんでした

イチゴボヤ

エントリーしたところは岩場でイチゴボヤだらけ
コモド特有なのかと思ってましたがあるところにはあるんですね〜

コイボじゃない

鉄骨がドーンとあって、上は潮通しがいいのかホヤとかカラフルなカイメンだらけ
下は細かい砂が積もっていてフィンキックに気を使う感じ

最初は縦の鉄骨と天井を中心に見てましたがなにも見つかりません・・

ゾウゲイロウミウシ

クリーム色っぽいゾウゲイロウミウシ
昔はハダイロウミウシという名前もあったそうで、この色からつけられたのかもですね

センテンじゃない

センテンかな・・?

エマ

ヒュプセロドーリス・エマ
このポイントではちょくちょくいるそうです

どうやら床を見たほうがウミウシがいるようなのでここから下ばっかり見てたら少しだけ見つかりました

キイッポンウミウシ

キイッポンウミウシ

シロタエイロウミウシ

シロタエイロウミウシ

アンナイボウミウシ

アンナイボウミウシ

ツルガチゴミノウミウシ

ツルガチゴミノウミウシ

ソライロイボウミウシ

巨大なソライロイボウミウシ

マッシュルームパイプコーラルフィッシュ

何故か今川さんが一生懸命撮ってたマッシュルームパイプコーラルフィッシュ
この水深にいるのは限界が来たので天井の上へ移動

魚は群れ群れなんだけどウミウシはいないなーと思ったので

ボーランドウミウシ

一番最初に奥さんが見つけたボーランドウミウシをもう一回探して撮り直し
これが圧倒的なヒットだったな〜

ハダカハオコゼ

ハダカハオコゼはアニラオでは珍しいそう
陽さんに教えてもらったのですが若干深くてDECOが出そうに(^_^;)

さっと撮って奥さんにも一枚撮らせて浅場へ移動です

ジョーフィッシュ

ちょっと移動したとこでジョーフィッシュを撮ってたらなんか背中のバランスが変・・・
何だろと思ったらタンクが完全に外れて頭の上にありました(;´Д`)

誰か助けてーと思ってたら知らない外人さんがいきなり助けてくれました
あーびっくりした

水中でお礼をする時どういうアクションをすればいいんだろ
手を合わせるのは宗教的ななにかがありそうで危険?

アオクシエラウミウシ

安全停止中は相変わらずアンナとミスジアオイロだらけ・・・
なんか他にいないかなーと思って目に止まったのがこれ、アオクシエラウミウシです
我ながらよくこんなの見つけるわ・・・知ってなければただのカイメンですね

ダイビングログ

Date 2016/04/19
Time 67min
Avg 13.5m
Max 22.5m
水温 28.9℃

目次

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントを残す

トップへ戻る