第1回 世界のウミウシ合宿 in アニラオ #7 ツノザヤウミウシ

ツノザヤウミウシ

船の上でしばし休憩中
すぐ横でエキジットしてきた外人さんたちが罵詈雑言を叫びながら自分たちの船に戻って行きました(^_^;)
一体何があったんだろ

7本目 ベツレヘム

ダリラウトはCaban Islandにあり、ベツレヘムはMaricaban Island
小さな村の前にあるポイントでゴミだらけ
だけどちょっと前にボロカサゴがいたので人気なポイントらしい

アングリーバード

ゴミだらけってどんな感じだろうと思ったら普通に生活ゴミ捨てまくりって感じでした(^_^;)
でも結構魚はいたかな、ミドリな海だけども

コナユキツバメガイ

ガイドさんがボロカサゴを探しに行ってくれてる間にウミウシ探し
ですが惨敗、全然いません(^_^;)

コナユキツバメガイも貴重だ

クラカトア

ヒュプセロドーリス・クラカトア
クラカトアは火山のことらしい

シロタエイロウミウシ

産卵中のシロタエイロウミウシ
シロタエイロウミウシもどこでも見るウミウシですね〜
伊豆・八丈島・沖縄・フィリピン・インドネシア・・・

チリメンウミウシ

チリメンウミウシ
極小のだと黄色い縁があるのにこのサイズだともうないんですよね・・・ホントに同一種?

モンハナシャコ

全身むき出しのモンハナシャコがいましたが見てたら穴に逃げちゃった

ツノザヤウミウシ

ツノザヤウミウシ
全部で3個体見つけました

それほど餌があるわけじゃないように見えるんだけども不思議

ニグラ

帰り道にちら見したフィリディエラ・ニグラ
コイボじゃないのです

ボンジイボウミウシ

安全停止中も岩陰とか見ますがなんもいないーですね
やっと見つけたボンジイボウミウシ

エキジットしたら遅めのお昼を食べにリゾートに戻ります

ダイビングログ

Date 2016/04/19
Time 67min
Avg 9.6m
Max 15.5m
水温 29.1℃

目次

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントを残す

トップへ戻る