セグロリュウグウウミウシ

セグロリュウグウウミウシ

和名:セグロリュウグウウミウシ
学名:Nembrotha chamberlaini Gosliner & Behrens, 1997
撮影地:アニラオ

何故かよくわからないけど急にセグロリュウグウウミウシは和名じゃないと言われて学名、チャンバーラインイで呼ばれている子
沖縄のウミウシや本州のウミウシなどでなんと書かれているのか知りたいところ。。。


標準和名
分類学等の専門家により各々の種等の分類単位に付けられた和名です。任意に提唱
された和名が、専門家の間で認知され、一般向けの書物等でも使用されることにより、
日本全国の標準となったものです。海外漁場魚介類及び外来種の中には、専門家の間
で複数の異なった和名が提唱されている場合もあり、標準和名の統一は、魚介類の分
類に応じて日本魚類学会、日本貝類学会、日本甲殻類学会が取り組んでいます。

分類学等の専門家により、の部分が引っかかっているのかなー?不思議です

クロスジリュウグウとよく似た模様の子もいますが、角の付け根から顔にかけて、と二次鰓の付け根を見比べると違いがわかります

バリエーション

セグロリュウグウウミウシ?

食事中@コモド

Nembrotha chamberlaini

ちびっこ@バリ

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントを残す

トップへ戻る