フレリトゲアメフラシ

フレリトゲアメフラシ

和名:フレリトゲアメフラシ
学名:Bursatella leachii de Blainville, 1817
撮影地:大瀬崎

冬ものが多くなる時期に砂地にででーんといた
かっこいい見た目で、アメフラシに見えないですね

不明点

JODCを見ると学名が、Bursatella leachii leachii de Blainville, 1817 和名はトゲアメフラシとなっている
トゲアメフラシ – JODC Dataset – Biological Information System for Marine Life

WoRMSだと、Bursatella leachii leachii Blainville, 1817
WoRMS – World Register of Marine Species – Bursatella leachii leachii Blainville, 1817

Nudbranch & Sea Slug Identification Indo-Pacificは Bursatella leachii leachii de Blainville, 1817

どちらにも共通しているのが、Subspeciesということ
日本語にすると亜種らしい
他にこれだけいるみたい
Bursatella leachii guineensis Bebbington, 1969
Bursatella leachii leachii Blainville, 1817
Bursatella leachii pleii (Rang, 1828)
Bursatella leachii savigniana Audouin, 1826

The Sea Slug Forumだと、Bursatella leachii de Blainville, 1817 なので亜種は省略してるのかな??
The Sea Slug Forum – Bursatella leachii

さてここで疑問なのはフレリトゲアメフラシという名前がどこから出てきたのか
de Blainville, 1817の de ってなんなのか

特に和名は経緯を追いにくいのがツライですね

なお、世界のウミウシはThe Sea Slug Forumの影響を大きく受けてる感じがします
フレリトゲアメフラシ Bursatella leachii | 世界のウミウシ

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントを残す

トップへ戻る