ミスジアオイロウミウシ

ミスジアオイロウミウシ

和名:ミスジアオイロウミウシ
学名:Chromodoris lochi Rudman, 1982
撮影地:八丈島

縁に黄色がなく、背中の線が3本
名前通りーって感じでいいですね

と思っていた頃が自分にもありました

バリエーション

ミスジアオイロウミウシ

@八丈島


ミスジアオイロウミウシの八丈島カラーと言われている個体、 本州のウミウシ―北海道から奄美大島まで にも載ってます
まず線が3本じゃないし、青くもないです

ミゾレウミウシ

@ラジャアンパット


こちらも線が3本じゃないし、ツノはオレンジじゃないしミゾレウミウシにそっくりです

この3枚の写真の特徴を考えると以下の共通点が見つかります
・体の縁の色が白
・外側の2本の黒い線が途切れず丸くつながっている(必ず顔の前と、おしり部分はつながっている)
・その内側に線が入るが、1本とは限らず(全部で3本の線とは限らない)、途切れるものもいる

さらに、似たウミウシとの比較で見ると
・背中の色が単純で、黒点が入ったり(アンナウミウシ)、白点が入ったり(ミゾレウミウシ)することはない
・ツノも単純で白点が入る(ミゾレウミウシ)ことはない

この5つのポイントだけで他の似たウミウシとは見分けられるんじゃないかなと思います
これだけじゃ微妙な奴がいたら世界のウミウシへ投稿してください、ツッコミもお待ちしてます(^o^)

世界のウミウシでミスジアオイロウミウシ | Chromodoris lochiを見てみる

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントを残す

トップへ戻る