X Window Systemが使えない環境ではFreeNX を使うといいね

X Window Systemが使えない環境ではFreeNX を使うといいね

Oracleのインストールを仕事でする必要があり、方法を調べていると必ずX Window Systemでインストールすることが前提になっていました
ところがこちらとしては開発サーバーにはsshでしかアクセスが出来ません・・・

そこでFreeNXを使うといいよ、と教えてもらったのでインストール方法などを記録しておきます

FreeNXとは

VNCよりも高速で遠隔操作できる「FreeNX」 – GIGAZINE

CentOS5にインストール

~~~
# yum install freenx

=========================
Package Arch Version Repository Size
=========================
Installing:
freenx x86_64 0.7.3-6.el5.centos extras 98 k
Installing for dependencies:
expect x86_64 5.43.0-5.1 base 160 k
libXcomposite x86_64 0.3-5.1 base 12 k
nx x86_64 3.4.0-6.el5.centos extras 3.0 M

Transaction Summary
=========================
Install 4 Package(s)
Upgrade 0 Package(s)

Total download size: 3.2 M
~~~

ユーザーの追加

~~~
# nxserver –adduser hogeuser
NX> 100 NXSERVER – Version 3.2.0-74-SVN OS (GPL, using backend: not detected)
NX> 500 Error: The passdb function is not activated in node.conf.

Most probably your FreeNX setup will work out of the box without this
functionality and you’ve been misleaded by an old tutorial or old
documentation to do this step.

If however you really need this functionality, just set
ENABLE_PASSDB_AUTHENTICATION=”1″ in node.conf.

NX> 999 Bye
~~~

なんとなくしなくても動いている気がする
↑のログもエラー出てる気がするし

クライアントから接続するのに必要なキーをメモる

~~~
# cat /etc/nxserver/client.id_dsa.key
~~~

NX Client for Windowsのインストール

NoMachine NX – Download the NX Terminal Server and Remote Access Software
ここからNX Client for Windowsをダウンロード、画面に従ってインストールする

keyを設定する

nx2
[General]-[Server]-[Key]の[DSA Key]にメモったkeyを貼り付ける

これであとは接続するだけ、簡単ですね\(^-^)/

nx