2本目 ウミタロウ

2本目 ウミタロウ

イソコンペイトウガニ

休憩は船の上で1時間ほど
セブの電波事情だったり、雇用だったり色々しゃべって過ごしました
とりあえず電波が安定してない国には住める気がしないのでセブも無理っす〜

2本目 ウミタロウ

1本目のアナポグとは違って砂地ではなく、サンゴの欠片が一面に広がっているようなポイント
水底がちょっと深めで10mぐらいあり、かつ浅いところはかなり濁っていたので水面から水底は見えませんでした

クロモドーリス・プレキオーサ

クロモドーリス・プレキオーサ

エントリーして水底で他の人を待っていたら奥さんが発見
ちびすけのかわちゃんによるとクロモドーリス・プレキオーサだそうです

クロモドーリス・プレキオーサ

縁がうっすらと白いところが特徴なようです
1枚目がカエルアンコウを撮った設定のままになっていたので、ウミウシモードに変更して撮っておいたよかった(^_^;)

ミゾレウミウシ

ミゾレウミウシ

全員集合したらまずは深い方へ、といっても1本目でかなり窒素が溜まっているのでドロップオフの縁までしか行きません
シパダンで見て以来のミゾレウミウシがあちこちにいました、みんなデカくて撮りやすいけど可愛くはないな〜

一緒に潜った人達には信じられないだろうけど普段1cmに満たないウミウシばかり撮ってるので画角が足りないんです・・
結構下がって全身をいれました

ミゾレウミウシ

普段の感覚で撮るとこんな感じになります。。

ベニサンゴガニの仲間の一種

ベニサンゴガニの仲間の一種

図鑑写真になっちゃったけどベニサンゴガニの仲間の一種

このDSはいい写真を撮るために最大限手助けしてくれる店なんだなーとここで思いました
というのも、普通の店だとスレートにこの生き物の名前を書いて指さしてくれてそれを写真に撮るって流れになるのですが(スレートがないとこもあるけど)
この店ではこの生き物の名前なんてどうでもよく、珍しいかどうかも特に問題ではなく絵になる場所に絵になるものがいてそれを撮りやすいようにしてくれるんですね

このあとに出てくるイソコンペイトウガニやセスジミノウミウシ、コシオリエビなんかはみんなそこに最初からいたわけでなく、隠れていたやつを絵になる場所に置いてくれてそれを自分が納得いくまで撮った結果になってます

イソコンペイトウガニ

イソコンペイトウガニ

イソコンペイトウガニも何気に初めてだった気がします
まずはカニがはっきり分かる感じにしてみました

コシオリエビ

コシオリエビ

白いウミシダにいたコシオリエビ
上に乗っけてくれたんですけどすぐに下に行っちゃったけどこれはこれで面白い絵かな〜

セスジミノウミウシ

セスジミノウミウシ

セブ版のセスジミノウミウシみたいです
普通はミノの先は黄色くないので別種かと思ったんですけどね〜

ツノが違うのでやはりセスジミノウミウシではなく、ミノウミウシ亜目の一種って感じでしょうか

カクレクマノミ

カクレクマノミ

カクレクマノミもたくさんいました
普段なら撮らなかったかもしれないですけどみんカレ2013のお題のクマノミがいい写真ないなーと思っていたので撮りましたヽ(´ー`)ノ

コバンザメ

コバンザメ

コバンザメがふらふらしてまた奥さんにくっついてました

バサラカクレエビ

バサラカクレエビ

バサラカクレエビ、は撮れなかった。。
奥さんが撮ったあとすぐにウミシダの中に逃げちゃって見つからなかったんですよね〜

住んでいる場所によって色が変わるらしいのでまた次にあったら撮りたいな

イソコンペイトウガニ

イソコンペイトウガニ

今度は後ろを生かして山火事の風景にしてみました

プリンセスモノクルブリーム

プリンセスモノクルブリーム

プリンセスモノクルブリームであってるのかな??
図鑑を見てたら似てるので推測です

アデヤカミノウミウシ

アデヤカミノウミウシ

もっと絞って撮ればよかったですね
下から強引に撮ったからそこまで気が回ってなかったです

コシオリエビ

コシオリエビ

ウミシダに乗っけたコシオリエビが逃げていく様子
逃げていくというよりかはウミシダが中に連れて行っちゃうんですが。。

コシオリエビ

コシオリエビ

コシオリエビ

コシオリエビ

コシオリエビ

コイボウミウシ

コイボウミウシ

コイボウミウシもあちこちにいました
ホントどこにでもいるウミウシですね〜

ここがたぶん水深10mちょいぐらいでDECOが出そうだったので慌てて浅い方へ戻りました

コバンザメ

コバンザメ

ガイドのtomoさんの頭に付いているコバンザメヽ(´ー`)ノ

オラウータンクラブ

オラウータンクラブ

その時探していたオランウータンクラブです

いつもより1匹1匹に時間かけてとったせいか普段より写真がえらい多くなりました
でもなんとなく普段とはちょっと違う写真が撮れたかなーという感じがあって満足な2本目でした

ダイブログ

No.153
日付:2012/10/17
ポイント:セブ マクタン島 ウミタロウ
潜水時間:66min
平均水深:12.9m
最大水深:21.4m
水底水温:30.1℃

窒素もすごいたまってたので安全停止を早めにしてたらクラゲに刺されてめっちゃ痛かった(‘A`)
ムヒを貰ってすぐ塗ったら痛みは引いたのでうちもあれを常備しておくことにします

目次

コメントを残す