WordPressをW3 Total CacheとNginxを使って400%高速化したよ

WordPressをW3 Total CacheとNginxを使って400%高速化したよ

最近をwordpress高速化の話題が多いですがサーバーの話題がなかったのでちょろっと書いてみます

さくらVPS
Nginx1.2.8
Page load time: 1.25s

Latest Performance Report for_ http___nob-log.info_ | GTmetrix

W3 Total Cacheの設定

Page CacheとBrowser CacheとCDNさえ使えば他の設定は不要です
というのもPage Cacheで静的なページを作成してしまえばWordPressが呼ばれるタイミングなんてほぼなくなるからです

General Setting

General Settings | W3 Total Cache ‹ のぶろぐ — WordPress

Page cache:Enable
Page cache method:Disk: Enhanced

General Settings | W3 Total Cache ‹ のぶろぐ — WordPress-1

Browser Cache:Enable

Page Cache

Page Cache | W3 Total Cache ‹ のぶろぐ — WordPress

Cache front page
Cache feeds: site, categories, tags, comments
Cache requests only for nob-log.info hostname
Don’t cache pages for logged in users
Don’t cache pages for following user roles

をONにしています
要はログインしてるとキャッシュしないけどそれ以外はほぼ全部キャッシュするって設定ですね

Browser Cache

Browser Cache | W3 Total Cache ‹ のぶろぐ — WordPress

Set expires header
Set cache control header
Set entity tag (eTag)
Enable HTTP (gzip) compression
Disable cookies for static files

ここで大事なのはEnable HTTP (gzip) compressionをオンにすること
nginxとの相性がよろしくなります

Disable cookies for static filesはオンにしてもYslowのスコアが変わらないので効いていない可能性が高いじゃないかと思ってます

設定を保存しても

Save all settingsを押して設定を保存してもnginxの場合設定はなにも反映されません
wordpressがあるディレクトリ(例えば/var/www/wordpress)にnginx.confというファイルが生成されているのでこれを使います

Nginxの設定

すでにnginxで動いている人は/var/www/wordpress/nginx.confをincludeして再起動すれば設定が有効になります

nginxでリバースプロキシをしつつ、W3 Total Cacheを効かせる設定はこんな感じになってます

リニューアル直後と比較すると

Latest Performance Report for_ http___nob-log.info_ | GTmetrix-1

Page load time: 5.40sだったので約400%の高速化になってますね
すごいですね、W3 Total Cache

GTmetrix | Website Speed and Performance OptimizationでPage load time: 5.40sなのでもっと高速化が出来る気がしています
wordpress自体のスピードは1秒以内なので、画像とjsの読み込みをどうにかせんといかんですね

最新SEO対策メモをみてブログをリニューアルしてみた

というのは冗談で、実際にはページ読み込み速度の改善は画像を非同期に読み込むようになるCloudFlareの効果が大きいです(^ω^)

5 Replies to “WordPressをW3 Total CacheとNginxを使って400%高速化したよ”

  1. ピンバック: 今日も明元素で | WordPressサイトの高速化に効果のあったCDN(Cloud Flare)とプラグイン

コメントを残す