2013年6月

1/2ページ

自分が今後どういう水中写真を撮るのか

ダイビングをはじめてそろそろ丸三年 気づけば220本も潜っているわけですが、それだけ潜ってようやく被写体をじっくり見てこっちから撮ろうとか考えられるようになってきた気がします その分撮るのに時間がかかるようになっているので良い面だけじゃないですけどネ。。 あと悩んで撮った時より1枚目にとりあえず撮ったもののほうが大概いいできなのですよ。。。。

大瀬崎の外海でムラサキウミコチョウのフライングゲット

奥さん用のカメラを新調したのでそのテストをしに大瀬崎へ じっくり撮りやすい姿勢で写真が撮れるとこがいいよなーと思っての選択です テストは上々な感じだったのでそれは別にまとめて書こうと思います いつものごとくショップは海の案内人ちびすけさんを利用しました

3度目の正直で八丈島へ #6 ナイトダイビング

せっかくの八丈島なので限界まで潜ります(´∀`) ナイトまで1時間半ほどインターバルがあったので、一旦ホテルに戻ってもらって寝て休憩 前日からストロボを充電してなかったので充電したんですがコンデジのを忘れてしまい奥さんのカメラは途中で死んでました。。 S90いいカメラなんだけどホント電池のもちが悪いです、2本持たないってどーいうことよ

3度目の正直で八丈島へ #4 ユウゼン玉!!

1本目終わってインターバールはショップに戻らず、防波堤の上にいました そしたらなんとイルカが! バンドウイルカが住み着いているそうですが久々にみたそうです あと30分ぐらい上がるのが早かったら水中で会えたかも?なんて話をしてましたがその時潜っていた人達は誰も水中でイルカに会えなかったそうです(^_^;) ま、透明度が前日よりも更に落ちてたし遠くが見えないからいてもわからんですね