火山噴火の影響で観光客が激減しているバリ・トランバンへ行ってきた

火山噴火の影響で観光客が激減しているバリ・トランバンへ行ってきた

6月にバリのトランバンに行ったばかりですが再び行ってきました
理由はこれです
CNN.co.jp : 火山噴火で観光業苦境、予約中止相次ぐ バリ島

自分が知っている範囲でも2件のキャンセルがありました
火山のリスクそのものをどう見るかは自己責任だとは思うけど、間違った情報で右往左往しているのは嫌だなという気持ちと
観光業苦境というぐらい観光客(主に中国人)が減っているということでトランバンも空いててこりゃチャンスじゃない?と思って行ってきました

今更ながら、Tulambenの場所はこちら

右上がトランバンで、その左下に見えるのが噴火活動中のアグン山(直線距離で12キロぐらい)
空港は左下にあります

1963年から1964年にかけて20世紀で世界最大規模の噴火を起こし、今回もその規模の噴火を起こすのではないかと9月頃から警戒レベルが上がっています

アグン山のハザードマップも公開されていて、これを見るとトランバンは見事に警戒区域に入っていますし、もしも最大な噴火した場合は即座に行動しないと帰れなくなることは間違いないですね
日本語での情報はたくさん出ているのでこういうのを見てご自身で判断されるのがよいかなとは思います
【1月10日更新】バリ島アグン山の火山活動活発化の関連情報と現地からの最新情報まとめ

そんなこんなで噴火の影響で観光客が減っているバリですが今回はシンガポール航空を使いシンガポール経由でわざわざ行きました
デメリットは時間が無駄にかかることですがメリットは帰りの日が朝出発で夜には家に着くこと(これ大事)
6日間の日程で3日半潜れるのでガルーダなどを使うのより半日余計に潜れます
観光したい人には向かないけど少しでも多く潜りたい人には現状では最善のルートかなと思います
(もしなにかあった場合もガルーダやエアアジアより頼りになりそうってのもある)

HND 08:50 SIN 15:25
SIN 16:25 DPS 19:10

DPS 10:30 SIN 13:05
SIN 14:05 HND 21:40

なお飛行機ですがシンガポール航空といえば世界で1番満足度が高い会社
行きはその通りで最新の機体で満足度超高かったですが、帰りは古い機材でがっかり、ガルーダと同等でガッカリしました

しかも行きは席が汚れてて服が汚れてトランプ貰ったし
帰りはご飯がちゃんと出てこないしで期待した分ガッカリ感はとても高かったですね

なにはともあれリゾートに着いたのは22時過ぎ
道はなんだかんだ空いているみたいでしたけど雨は降っているしそんなに普段と変わらないのかなという感じです

リゾートに着いて翌日の準備をして就寝
長々と書きましたがようやくダイビングのログスタートです

目次