クサイロモウミウシ

クサイロモウミウシ

クサイロモウミウシ

和名:クサイロモウミウシ
学名:Costasiella paweli Ichikawa, 1993
撮影地:石垣島

砂地に生えているコテングノハウチハなどに付いている
大小様々だが、(といっても大も小さいけど)正面から撮ると目が揃っててカワイイ

いる場所に行けばなんぼでもいるのですが、どうもこれが怪しいわけです

まず、Nudbranch & Sea Slug Identification Indo-Pacificには、Costasiella sp.3とCostasiella kuroshimaeにそれらしい種が載っています。
Sea Slug Forumでは、Costasiella sp.3となっています。

唯一研究者で採用しているのが、Bolland(ボブさん)先生。
Costasiella paweli

論文自体が最近のものなので、論文を見ることが出来ます。
Saccoglossa (Opisthobranchia) from the Ryukyu Islands

Costasiella paweli
中を見ますと図があります。これを見ると明らかに触角が根本まで黒いと表記されています。また顔の形も特徴があります。

Costasiella kuroshimae s
テングモウミウシ Costasiella kuroshimaeはこんな感じ。これを見るとクサイロモとはぜんぜん違うのがわかります。
また、このページに表示してある写真ともツノの特徴が違います。(クサイロモとされているやつは、ツノの先が基本的に白い)

fia0363_119_pdf
最近の論文なので写真も添付されています
さて、どれがCostasiella kuroshimaeでどれがCostasiella paweliでしょう?

17がCostasiella kuroshimae、13がCostasiella paweliだそうです。

テングモの文章にはこうあります。

This new species is reminiscent in colouration of C. paweli, but the anterior
corners of the foot do not protrude. Iridescent dots also occur in C. iridophora, but
no such dots cover the head and neck region in the present species. The colour
pattern of the anterior part of the head is unique in this genus.

色は両者とも似ているが、顔の形が違う。また、顔の模様が独特である。
ネオンモウミウシ Costasiella iridophoraとも似ているけど顔の模様が違うよってことのようです。

Costasiella iridophora
Costasiella rubrolineata
さらに、こちらのほうが、クサイロモと言われているものの特徴に似通っていると思うのは気のせいなんだろうかー
でも Three red lines って書いてあるし、この種は写真もないしで詳細が不明です。。

というわけで?、せめて写真がもうちょっと鮮明ならなーと思わずにはいられないのでした

クサイロモウミウシ Costasiella paweli | 世界のウミウシ
テングモウミウシ Costasiella kuroshimae | 世界のウミウシ
オオアリモウミウシ属の一種 1 Costasiella sp. 3 | 世界のウミウシ

クサイロモウミウシ
ちっちゃい@バリ
クサイロモウミウシ
正面顔@バリ
IMG_8439.CR2
先っぽがピンクになるのもいるらしい@バリ

コメントを残す