トラパニア・ミルタブランカ

トラパニア・ミルタブランカ

トラパニア・ミルタブランチャ

和名:トラパニア・ミルタブランカ
学名:Trapania miltabrancha (Gosliner & Fahey, 2008)
撮影地:バリ・トランバン

ミルタブランカというのはギリシャ語で’red gill’という意味だそうです。
・・・レッドギルってブルーギルみたいなものなんですかね?ググルと赤いルアーみたいなのしか出てこないのでよくわかりませんが

The species name miltabrancha is based on the Greek words for ‘red gill’ because Gosliner & Fahey consider the species to have ‘pale red gill leaves’. This is not clear to me in their published photo or Brian Francisco’s photo which I have used for the Fact Sheet.

引用:The Sea Slug Forum – Trapania miltabrancha

このウミウシに寄生するコペポーダにはウミウシの師、オーシャンブルーの今川さんの名前が付いているそうです

 そんなレッドビーチで見られるトラパニア・ミルタブランカというウミウシに寄生するコペポーダという寄生虫が居ます。 この寄生虫が2012年 新種として発表されました。
 和名はウズヒマワリウミウシヤドリ。学名はスプランクノトロフォウス・イマガワイになりました。
そう、ワタクシ今川の名前が学名になったのです。

引用:沖縄 ダイビング オーシャンブルー

今のところ沖縄でこの子に会ったことがないのでいずれ会えるといいな


コメントを残す