ギンガメアジ

1/2ページ

ラジャアンパットクルーズ #16 水の色は緑だけどギンガメアジの群れ登場

14本目 Mioskon島 Blue Magic 水深15mぐらいのところに根があるポイント 透明度が悪く、上から全く見えないので流れの下手から入ってガイドさんに付いて一直線に根に向かいます それにしても透明度が悪いというか水の色が悪いというか・・・伊豆みたいな緑の海でした

コモド クルーズ #23 これが本領発揮な Castle Rock

台風18号すごいですね こういう時だけ会社員してなくてよかった、と思いますが明日姪っ子の運動会なんですよね・・・ この雨の後じゃグランドひどいことになってるんだろうな(;^ω^) 写真はイソマグロとロウニンアジ ロウニンアジは釣り人憧れのお魚、GT(Giant trevally)と呼ばれるだけあって超でかいです

ラパスクルーズじゃないといけない遠征ポイント、ラス・アニマス

2日目はクルーズではいけない、ラパスで一番遠いポイントへ遠征です 夜の間にサンフランシスキートという場所まで移動、朝の6時からまた移動を始め9時前ぐらいに到着しました 時差ボケのせいもありますが、毎朝6時に船が動き出すと寝ていられる感じではなかったです

シパダンクルーズ #19 バラクーダポイントでバディダイビング

2本目、ボードにはホワイトチップアベニューと書いてありましたがどう見てもバラクーダポイント そもそも、ジェリーがエアーの少ないタンクを背負ってるしなんだか嫌な予感が… 船の上でのブリーフィングは耳が痛いから潜れないかもしれない、潜れなかったらバディ・バディで行くこと 水深は15mまで、45分で上がりなさいというものでした

シパダンクルーズ #14 ギンガメアジ×ブラックフィンバラクーダ×ウミガメ

1本目に引き続き2本目もバラクーダポイント カンムリブダイにバラクーダまで見ちゃったのでちょっと飽き気味…さすがに違うものが見たくなって来ました… このあたりからカパライ行きたいとずっと思ってましたが行けるわけもなくクルーズじゃなくても良かったなーと贅沢なことを言ってました