CircleCIでPHPUnitを実行してCode Coverageを出力する

PHPUnitでcoverageをhtmlで出力するとわかりやすいんだけど手元でやると以上に時間が・・・
というわけでCircleCIを使って外部化してみました

pushすると毎回こんなhtmlを出力出来るようになります
https://circle-artifacts.com/gh/nobuhiko/ec-cube/208/artifacts/0/tmp/circle-artifacts.URvN58K/index.html
続きを読む CircleCIでPHPUnitを実行してCode Coverageを出力する

EC-CUBEのプラグインをクロスプラットフォームで継続的にテストする

EC-CUBEは、システム要件が広いです
・PHP5.2~
・Windowsサーバー、Linuxサーバー
・PostgreSQL、MySQL

その他プラグインをインストール可能なバージョンがたくさん
2.12.0〜2.12.6
2.13.0~2.13.2
その他多言語版もあり。。

必然的に人力でのテストがとても大変。。
自分は基本MySQLでしかテストせず、怪しい時だけPostgreSQLを立ち上げてそこでもテストしますが非常にめんどくさい。。
というわけで自動化出来そうなところを自動化してみました

続きを読む EC-CUBEのプラグインをクロスプラットフォームで継続的にテストする

Modern PHP Testing Framework “Codeception” を使って簡単なブラウザテストをする

画面が正しく表示されているのか、を確認したいときにSeleniumを使うのは大変だなーと調べていたらCodeceptionを見つけました

Codeception PHP Testing Framework is designed to work just out of the box. This means its installation requires minimal steps and no external dependencies preinstalled (except PHP, of course). Only one configuration step should be taken and you are ready to test your web application from an eye of actual user.

だそうです。

続きを読む Modern PHP Testing Framework “Codeception” を使って簡単なブラウザテストをする

AppVeyorを使ってEC-CUBEをWindowsサーバーでもCIする

Vim プラグインを Windows 環境でテストする – 永遠に未完成をみて、WindowsのCI環境なんてあるんだーと思ったのが間違いだった・・・

EC-CUBEは、Windowsサーバーもシステム要件に入っているのでCI出来るようにしてみました。

続きを読む AppVeyorを使ってEC-CUBEをWindowsサーバーでもCIする

EC-CUBEにJSHintを導入してJavaScriptの品質も上げようとしてみる

EC-CUBEにテストを導入する(ほぼ)1人プロジェクト
JSHintを導入してJavaScriptのおかしな部分も検知できるようにしたい

続きを読む EC-CUBEにJSHintを導入してJavaScriptの品質も上げようとしてみる

Travis CIに入門してPHPプロジェクトのCI / 継続的デリバリ環境を整える

前の記事でEC-CUBEのミラーをgithubに作成したのでこれを使ってTravis CIに入門してみます

Travis CIはオープンソースコミュニティのための継続的インテグレーションを無償で提供しているサイト
設定さえしておけばgithubにpushする度にUnitテストの実行など、指定した手順通りに実行してくれます

続きを読む Travis CIに入門してPHPプロジェクトのCI / 継続的デリバリ環境を整える