CentOS6にlogwatchを導入する

logwatch

さくらVPSがそうなのか、CentOSの仕様なのか…
CentOS5系では標準で入っていたlogwatchがCentOS6には入っていないようなので入れてみました

インストール

動作確認

メールの宛先を変える場合

デフォルトではrootへメールが飛ぶので違う宛先にしたい場合は設定ファイルを編集します

httpのログを省略されたくないとき

デフォルトだと↓のような感じで省略されちゃって、どこのアドレスなんだか分からないですよね

sudo vim /usr/share/logwatch/scripts/services/http

60を400にしてみたところ、省略されずに表示されました。

httpのログをサービス(access.log)毎に分けたい

こうしないと、ブログと他のサービスが混じっちゃって分かりにくい…
けどやり方がわかりません \(^o^)/

PHPのerror_logも監視したい

参考:http://mbaierl.com/2009/03/logwatch-for-php-errors-the-apache-error-log-and-mysql.html

とあるけど、printしてもエラーが出てこない
何が原因でしょうね。。

とりあえず

1日2個メールが飛んで来ちゃうけど、導入はひとまず終了です

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントを残す

トップへ戻る