メキシコのラパスでアシカと泳いできました

IMG_7734.CR2

夏休みを利用してメキシコのラパスへダイビングへ行ってきました(*´艸`*)
クルーズで行くか、普通のツアーで行くか、ショップのツアーで行くか悩みましたが
一番ラクなダイビングツアー専門旅行会社ワールドエクスプローラのダイブクルーズを選択しました

ラパスとは

おそらくダイバーなら一度は聞いたことがあるんじゃないかと思います
カルフォルニアシーライオン(アシカ)とダイビングやスノーケリングで泳ぐことが出来る場所になります


大きな地図で見る

場所はメキシコと言ってもメキシコシティのある大陸側ではなく、半島にあるので比較的平和なようです

出発から到着まで

メキシコということで遠いことは容易に想像が出来るかと思いますが、日付変更線をこえるって大変ですね。。。

11:30 成田発

成田に2時間前集合なので、家を出たのが6時ぐらい
ここから長い長い一日の始まりです

手荷物は1個23kg以内というのが結構厳密で、2個合算分46kgまでOKなJALとかとは大きな違いを感じました

08:55 ダラス着 (日本との時差16時間)

日付変更線を越えているので時間がちょっと巻き戻りましたが日本時間で言えば25時ぐらい
飛行機は設備が古くて、充電関連なし・wifiなし・TVモニターもしょぼい
アメリカン航空のサイトに書いてある内容とはえらい違いでした

3列・5列・3列のジャンボジェット
食事は3回、最初がちゃんとした食事であと2回は軽食

13:10 ダラス発

乗り継ぎ4時間ぐらいあるし暇だねーとか思ってましたが
飛行機の遅延、異様に時間のかかる入国審査(1時間以上かかった)、すぐに出国するのでまた出国手続きに時間がかかる…
と言った感じで搭乗口に着いたのは2時間前ぐらい

出国手続き後のフロアでも、マックやスタバなどなどお店がたくさんあったので時間は余裕で潰せました

14:55 ロスカボス着 (日本との時差15時間)

ダラスとロスカボスで時差が1時間あるので地味に飛行機に3時間も乗ってました。。
飛行機内が死ぬほど寒くて厚手の上着を持って行かなかったことを後悔、ブランケットなんて気の利いたものはないので自分で必ず持って行きましょう

映画なし・wifiなし
3列・3列の小さな機体

19:00 ホテル着

まず、空港でお迎えの車になかなか会えない
2時間20分でラパスまで着く、なんてことをドライバーさんは言ってましたがトラブルも有り着いた時にはすっかり日が暮れていました

ホテルに付いたら町に出て食事でも、なーんて出発前は思ってましたが着いた時には全員グッタリ
ホテル内にあるレストランでクルーズ参加者みんなで夕食をとりました

エスプリット号 乗船

スピリット号

翌朝7時にホテルにタクシーが迎えに来て港へ
ホテルで朝食券を貰いましたが、朝7時からの営業とのことで食べられず

港でタクシーから降ろされ待つこと5-10分ぐらい
お迎えがきたので桟橋まで荷物を自分たちで運び乗船しました

船はとても綺麗で、なんとお客さんは最大でも10人(今回は6人でした)
船やクルーズの説明を受けながら朝食を食べ、出港になりました

船での食事

ビュッフェ形式ではなく毎回個別に盛りつけられたものが出てきました
ちなみにこの時の朝食は焼き過ぎなスクランブルエッグと焼いたソーセージ
パンが出てくるのかなー?と思いながら食べてましたが出てきませんでした(^_^;)

船での飲み物

ジュース類・水は全て無料で飲み放題
ビールは1日3缶まで無料
ナイトをしない時は、ワインも夕食時に1ボトル無料でついてきます

ただしジュース類は在庫が大量にあるわけでなく、かつクルーも飲んでいるので
途中からはダイエットコークしか残っていませんでした

ビールはコロナ、テカテ、テカテライトの3種類がありましたが
なぜかコロナしか冷えていなかったです

船の設備

事前に、wifiは使える(ただし外洋では繋がりにくい)と聞いていましたが
港をでたらあとは帰ってくるまで一切繋がりませんでした
3G回線を拾っている場所でもつながらなかったので船側の問題なのかなーと。。

水は海水を淡水に変えているそうで、本格的なシャワーは1日1回にして欲しいと言われました

ダイビング

タンクは1人1本
セッティングは最初にしてくれたらそのまま
器材をつけたままチャージしてました

カメラ用のバケツは1個
一眼は入らなかったので、上がったら水をかけて日陰でタオルを掛けておきました
後部デッキはほぼ日陰にならないので、フィンとかは熱くなって曲がってました(^_^;)

初日はまずはチェックダイブ
続きます

目次

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントを残す

トップへ戻る