CentOS6にPHP5.6をyumでインストール

CentOS7も出ていますが、とりあえず6でパパっと試してみました

yumのremi-php56を使います
PHP 5.6 as Software Collection – Les RPM de Remi – Blog

remiの導入

PHPのインストール

php-gdで失敗するのはremi-php55と一緒だなー

gdを先にremiを使ってインストールします

改めてPHPのインストール

Zend OPcacheも追加してみます

そろそろ正式版がでるPHP5.6、現時点で普通にインストールまでは出来るようです

2014/08/29 時点で remi-php56 を使えば正式版のPHP5.6がインストールできます

ImageMagickを入れたい時も

ImageMagickではなく、ImageMagick-lastが必要

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. くりくり より:

    こんにちは
    以前remiにしていましたが、パッケージ名がcentosオリジナルとかぶったりとトラブルの元になるんで
    https://webtatic.com/
    に変えました。
    パッケージ名もphpのバージョンで違いので簡単に変更できます。

コメントを残す

トップへ戻る