FuelPHPをはじめてみたら思った以上につまりました

FuelPHPをはじめてみたら思った以上につまりました

FuelPHP Framework
新しいアプリを作るにあたり、せっかくなので新しいフレームワークをと思い導入予定のFuelPHP
チュートリアルを全く見ないではじめてみたらはまりまくったので書き留めておきます

リポジトリの作成とインストール

FuelPHP のアプリケーションのリポジトリを作成する方法 – A Day in Serenity @ Kenji

※現在は1.1/master がリリースされているようです
※ドキュメントルートはtodo/public になるのでバーチャルホストをあてる場合はここに設定する
※あれ、今はoil create MyToDoってやればいいだけだったりする??

welcome画面がでたので次にScaffoldingを使ってみたい

mysqlの設定とかをまずは
memorycraft: FuelPHPってなんじゃ?(インストール編)

※oilコマンドはphpをつけたら動いた

oilコマンドのインストール

oilだけで動くようにするにはこうすればいいみたい

インストール方法 – インストール – FuelPHP ドキュメント

ところが、DBにつながらない

実行したらエラーが出てmysqlにつながらない…

MAMPのsockが見つかるように書き換えます

参考サイト:symfony+MAMPでdoctrine:buildできない時の対策 | ueblog

再度実行

出来た!

ところが画面を見るとエラーが・・

localhost:8888/index.php/dbname/

どうやらormを有効にしないとダメみたいなのでconfig.phpを編集します
vim fuel/app/config/config.php

参考サイト:FuelPHPで管理画面を作ってみる | CAPH TECH

これでようやくScaffoldingで自動的に作られたCRUD画面に出会えました
次はログイン画面を作りたいけどうーん・・・

2 Replies to “FuelPHPをはじめてみたら思った以上につまりました”

コメントを残す