マラパスクア #2 モナドショール

IMG_7649.jpg

マラパスクア2日目です。
ニタリは早朝ダイビングなので、ショップ集合4:30
朝食や軽食などはないので自身で事前に用意しておくほうがいいでしょう

4:30にショップへ行くと小型ボートに器材などは載せてくれているので乗り込みます
今回ショップの客が我々2人だけだったので他ショップのボートに乗るためまずはそちらへ移動。。。
我々の泊まったホテルの目の前への移動orz
カメラ重いんだけどな…まぁいいけど。あと小型ボートのエンジンかけるのに毎日のようにトラブってちょっとネ。。。

で、そこから全員揃って出発するのにまぁ時間がかかること
結局エントリーして1枚目の写真を撮ったのが5:54でした

1本目 Monad Shoal

マラパスクア島から40分ぐらいの距離にあるポイント
クリーニングステーションがあるためほぼ100%の確率でニタリが見れるという世界でもここだけの場所になります

ここではニタリ保護のため、ストロボ・ライト・鳴り物禁止
砂の巻き上げも禁止、追いかけも禁止で、クリーニングステーション前にはロープが張ってありそこより前に行くのも禁止です

まず潜行すると水深13mのところまで潜行ロープがあり、棚になっています
そこからドロップオフになっていてクリーニングステーションが水深30m
そこで来るのを待つのでDECOを出さないためにはナイトロックスが必須だと思います(けど使わない人も多いようです。追加で500円とかなのにね。。。)

IMG_7010.jpg
で、水深30m
ニタリは奥からこちらにある根の裏側に来ますが、ま~暗い。超暗い

ISO4000まであげても暗いし、レンズの距離から考えると遠すぎて1枚もピントあってませんでした(T_T)

奥さんには24mm〜のレンズを付けてましたがこちらも暗すぎてSSが遅くなりすぎ、距離は適正でしたが全部ぶれてました
なのでここで写真を撮る場合は

  • とにかく感度を上げる必要があるので高感度に強いカメラ
  • 画角はちょい遠目なので、16-35mmぐらいの画角が良さそう
  • GoProのワイドだと遠すぎるので、セミワイドで撮るのがちょうどいい

後半になると時間切れで返っていく人たちが砂巻き上げまくります
余計に暗くなる上に、透明度も落ちてお手上げ〜

2,3回は見れたけどこちらも時間切れで浮上開始

IMG_7018.jpg
そしたらこの日一番近いの距離にニタリさんが・・・写ってるのわかります?

泡の向こうだし、遠いしめっちゃ悔しい
思わず追いかけそうになりましたがDECO出ちゃうしおとなしく帰ります

ドロップオフの壁は探せば何かいそうだけどとにかく棚上まで移動
ストロボ付けてないしどうせ見つけても撮れないしネ

IMG_7027.jpg
棚上でちょっと窒素抜き

ここでもウミウシ探してみますが見つけたのはコイボ1匹
毎日大量の人が潜ってるわけだし、まーツルツルテンで探すだけ無駄感はすごいです
お魚も多少はいるけど被写体になる感じでもないです、ガンガゼはめっちゃいますが、、ネ

あとは安全停止して、船に戻って器材は全部おまかせでマラパスクア島へ戻ります

乗り合いの船だししょうがないけど、船上は大陸の方ばかり(たまたま今回中国の連休にぶち当たっていて、ホテルも満室だったりした)
マナーがねー、悪いんだよねー
タバコ吸ってもいいけどさ、灰皿は使わないしどこでも吸うしうるさいし最悪でした

ベタ凪だったので40分もかからず島に戻って、小型の船に移ってショップに戻りカメラを持ってホテルへ帰還
朝食食べて、カメラの設定をマクロに変えて午前中2ダイブに行きます

ダイビングログ

No.580
Date 2017/10/02
Time 41min 05:42-06:23
Avg 21.3m
Max 30.3m
水温 30.5℃

微かにニタリが写ってる動画\(^o^)/
ワイドだと遠いです

目次

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントを残す

トップへ戻る