エンリッチド・エア講習を受けにI.O.P.に行きました #1

エンリッチド・エア講習を受けにI.O.P.に行きました #1

アオウミウシ

前々から取っておきたいとエンリッチド・エアSP
伊豆海洋公園は今年からタンク充填を自社で出来るようになった為、安く使える
ということで、ダンゴウオを見に行くついでに取っちゃおうと思って受けてきました

ショップはナイトロックス講習が安かったのでリトルリッツさんを利用です

エンリッチド・エアとは

一言で言えば、酸素濃度を人工的に変更した空気

通常の空気は、窒素79% 酸素21%ですが、今回は酸素を32%に増やしたエアーを使用しました

メリットは、体に窒素が溜まりにくくなるため深い深度に長く滞在出来ることや、呼吸が楽になるなど
デメリットは最大深度が30mに制限されることなどなど

1本目 1の根

久々に奥様がパニックダイバー気味に
どうやら、ドライに思いっきり水が入った+ドライが少し小さめで窮屈だったのでエアー入れすぎて浮き上がったみたいです

エントリーしてすぐに1回水面に上がって、落ち着いてからエントリーしなおしました
はじめていった場所で結構白っぽく濁っていて見通しが悪かったのも原因ですかね

ビシャモンエビ

ビシャモンエビ

水深26mぐらいのところにいたビシャモンエビ
今まで何回も見ていますが、初めて肉眼でどこにいるかちゃんと分かりました

オオウミウマ

オオウミウマ

これも結構深いところにいた個体
場所が悪くて全身がうつせなかったけど目がくっきり写ったからよしとしよう…

しかし初めてのIOPは思ったよりエントリーは楽でしたが、20mより深場でもうねりがありますね
こいつを撮るのも体を固定するのが難しくてぶれぶれ写真だらけでした

パイナップルウミウシ

パイナップルウミウシ

結構ずっとここで見られているというパイナップルウミウシ
かなりでかいです、15~20cmぐらいの特大サイズ

キタマクラ

キタマクラ

キタマクラのおちび、マメマクラ
でっかくなるときもいんですけどちっちゃい間は可愛い

オトメウミウシ

オトメウミウシ

東伊豆ではあんまり見たことがないというオトメウミウシ
つい先日の大瀬崎でみた子ですね

ダンゴウオもいるポイントだったのですが、残念ながら行方不明で見つけられず…
今年はもうおしまいかな?

休憩時間に

1時間の水面待機の間はエンリッチド・エアの講習
主にメリットデメリットを学びました

IOPはこの時期最終エキジットが15:00ということで、結構巻きで2本目へ続きます

目次

コメントを残す