シパダン旅行記 vol.8 アケボノハゼなサウスポイント

なんとかニセスズメ

シパダン島での最後のダイビングもサウスポイントになりました
この日一緒の船に乗っていたのはたぶん中国系の人たちだったのですが彼らが再度サウスポイントがいいと主張したからです

ずーっとウミガメの写真を撮っていたのでカメが多いこのポイントが気に行ったんでしょう

8本目 South Point

そんな感じのサウスポイントですがすでに3回目
サメも亀もお腹いっぱい・・・というわけでひたすらマクロ、しかも狙いを絞って探してました

なんとかニセスズメ

ニセスズメの仲間でしょうか?
カンムリニセスズメとかなのかなぁ

なんだか気になってずっと格闘してました
みんながワイドの中一人マクロ撮影してるとはぐれそうになるのが困ります

アケボノハゼ

アケボノハゼ

アケボノハゼ

アケボノハゼ!
この子を探してました!

ハタタテハゼがいるからきっといると思ってた
この目がいいですよね

モンガラカワハギ(yg)

マクロだけ見てたらモンガラカワハギの子供も見つけました
全力で逃げられたのでこんな感じになってます

スズメダイの一種?

真ん中にいるちっちゃいスズメダイを撮りたかったんです
切り取ってもいいんですけど、こんな感じもありかなと

テンジクダイ?

ずっと小魚だと思ってたけどテンジクダイっていう種類があるらしい
赤い点が特徴なのかな?

クダゴンベ

クダゴンベ

全然隠れられていないクダゴンベ
ストロボが当たりずらい場所にいるって意味では隠れてるのかもしれません

カサゴ?

カサゴなのかな??
見事な擬態過ぎてなんだかよくわかりません

カクレクマノミ

南国だけどあんまり見なかったカクレクマノミ
いわゆるニモです

ツノダシ

最後は普通のツノダシ
なかなか真横を撮らせてくれないのでこれはこれでいいのです

といった感じでシパダン最後はワイドな写真一切なく、サメも亀も全く見ていません
実のところ途中から透明度は落ちるし、流れは変わるしでカメとサメを見たかった人たちには不満足な感じだったんじゃないかと・・・

自分はアケボノハゼみれて大満足(‘∇’)

●dive log
Dive No.54
in 11:56
out 12:44
time 48min
Ave 13.8m
Max 25.6m
Water Temp 28.1℃

目次

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントを残す

トップへ戻る