シパダンクルーズ #9 撮り放題のアケボノハゼ団地

アケボノハゼ

この日は朝から西風が吹いていてバラクーダポイントは結構荒れ荒れでした
そんな影響もあってか群れ群れのバラクーダポイントへは行かずに東から南側のポイントへ行くようでした

8本目 シパダン タートルパッチ

タートルパッチは東側のポイント
なので底が見えないドロップオフのポイントになります

パープルバック・ドティーバック


パープルバック・ドティーバック

ちょくちょく紹介されていたけど撮れていなかったニセスズメの仲間
近寄ると住処に隠れちゃうので逃げない距離でどこまで頑張るかが大変です

シロウネイボウミウシ


シロウネイボウミウシ

奥さん発見のシロウネイボウミウシ
水中でこれウミウシ?と聞かれて名前を答えますが当然わからないようです

水中で喋れる技術がだんだん実用化されていますが、一般ダイバーが普通に使うようになるまで何年かかるのかな…
Logosease – 山形カシオ

アオウミガメ


アオウミガメ

遠くの方ではカメが魚を引き連れて泳いでました
形からするとイソマグロとかだったりするんだろうか・・・?

アケボノハゼ


アケボノハゼ

このポイントメインは確実にここでした
アケボノハゼ団地!

コンデジで撮っても4匹しか写ってませんが、うじゃうじゃいます
そして引っ込んでもすぐ出てくるしなかなか引っ込まない

自分は一瞬ヘルフリッチ??って思うような魚がいて探してました
たぶん似たような色の違う魚だったんだけどそんなの探してないでアケボノハゼのアケボノハゼ抜きとかすればよかったなーと後になって思ったりw
ま、ヒレ全開が撮れてたのでよしとします

ここでかなり粘っていたので気づいたらガイドさんが見えなくなってましたが近くに人はいたので問題なし!

スミレナガハナダイ


スミレナガハナダイ

ドロップオフのポイントのポイントにはたくさんいた通称サロンパス
ヒレが開いてないー、たくさんいる割にいい写真を撮らせてくれません( ゚д゚ )

アンナウミウシ


アンナウミウシ

最後は自分で見つけたアンナウミウシ
数が少ないせいなのか、ペアでいることが多い気がします

こんな感じで群れ群れーから急にマクロになった2本目でした
だんだん印象深かった出来事がいつのことだかわからなくなってきましたよ。。

目次

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントを残す

トップへ戻る